定期検診をしないとダメになる

インプラントを入れてからが重要になります。

一番大切なことは定期的お手入れ(定期健診)と、毎日の歯ブラシです。これを怠ると、また同じことの繰り返しになり、すぐインプランとがだめになってしまいます。

患者様からの質問でよくあるのは、インプラントは永久にもちますか?です。

これは患者様のお手入れ次第でかわります。まず永久という基準はどこまでかが分かりませんが、仮に寿命までだとすると、三十歳の人で四十年〜五十年あります。もし、あなたがしっかりとその歯をお手入れしていただけるのであれば、そのインプラントを含め、他の残った自分の歯も残すことは可能でしょう。

ですが、怠った場合はだめになるのが目に見えてわかります。

それほどメンテナンスは重要なのです。

例えば、同じ車でも、定期的にオイル交換したり、その他手入れをしっかりしている車は長持ちしますが、手入れせずそのままの車は早く壊れてしまうのと同じです。

では、どれくらいのペースで定期健診をすればいいの?ということですが、基本的には三ヶ月に一回の健診で専用のクリーニングを受けて頂くだけです。定期的に美容院や床屋さんで自分の髪の毛は手入れしますよね?歯も一生の宝なので手入れをぜひしてあげてください。必ず長持ちしますよ。

インプラントのサポート、定期検診、クリーニングなら桑名市のかわち歯科クリニックにお任せ下さい。

                                   かわち歯科クリニック

                                     WS000006.JPG

▲このページのトップに戻る