インプラントが第二の永久歯といわれる理由

あなたはインプラントがどのようなものかご存知でしょうか?

想像してみてください。

それは歯がないところに、第二の永久歯が入るということ、想像できるでしょうか?

入れ歯のように取り外す必要はありません、またブリッジのように隣の健康な歯を削る必要もありません。

あなたはお食事を硬いものや粘り気のある物を好きなだけ何も気にせず食べることが出来ます。また食事

の後に入れ歯を外して洗う必要もまったくありません。それ以前に入れ歯は基本的に必要なくなります。

また歯がないためにしゃべりにくいことや人前で大きく笑うことができなかった方も第二の永久歯といわれ

るインプラントをいれることで入れ歯を入れずに済み、お悩みを解決することが可能です。

インプラントはあなたの生活をリセットし、良い方向へと変えてくれるでしょう

少し話しが変わります。もしあなたが歯がなくなったまま、治療をせず放置をしていると、どうなるかご存知でしょうか?               

                          かわいい入れ歯やインプラント治療をせずに放置すると?

入れ歯やブリッジ、インプラント治療をせずに放置すると

入れ歯やブリッジ、インプラント治療をせずに放置すると、わたしは何度もその様な状態がどのようになる

のかみてきましたが、本当に残念な結果が待っています。

まず隣の歯が傾いて倒れてきます、そして反対の歯が抜け落ちてきて最終的に顎がずれて顔の形も変わ

ってしまうのです。そうなってから来院される患者さんもいらっしゃいますが、ほとんどが手遅れです。

ですからこれをよんでいるあなたには決してそうなって欲しくありません。

そうならない為に、歯を補う必要がでてくるのです。その補う治療法として先ほどもお話した、「ブリッジ」「入

れ歯」「インプラント」の3つの治療方法から選択する必要があります。

次にあなたがその三つの治療法の中のひとつである「入れ歯」を選択した場合をお話します

 

                          かわいい入れ歯を選択した場合はどうなってしまうのか?

入れ歯を選択した場合はどうなってしまうのか?

では、あなたがその三つの治療法の中のひとつである「入れ歯」を選択した場合をお話します。

はじめに入れ歯には大きな落とし穴があります。それはなにか?それは、入れ歯の下の歯ぐきの中のあな

たの骨が一年間に約0.5ミリずつ痩せていきます。それは歯のない所は退化するからです。これはブリッ

ジにもいえます。ですから徐々に隙間があいて合わなくなっていくのです。ですから高価な入れ歯をつくって

も三年〜五年で修理やまた新しくつくりかえる必要がでてくる人も少なくありません。

また健康な歯にバネをひっかけて入れ歯を支えるために、バネのかかっている歯は悪くなります。バネの

かかった歯は統計データから四年でなんと九十三%が虫歯になるともいわれています。

そして、バネのかかった健康な歯がバネで横に揺さぶられ、次第にグラグラと歯が動いてだめになり、その歯を抜いて手前の歯にバネをかける。そうすることで入れ歯が大きくなり、バネのかかっている歯にさらに負担がかかる

そして・・・抜いて・・・の繰り返しになります。このようなスパイラルであなたのお口の中がどうなっていくか想

像できると思います。

次にあなたがブリッジを選択した場合をお話します。

                       

                         かわいいブリッジを選択した場合はどうなってしまうのか?

ブリッジを選択した場合はどうなってしまうのか?

ブリッジは失った歯を補うために、両端の健康な歯を削って橋をかけ歯を補う方法です。

まずブリッジはあなたの健康な歯を削る必要があります。

一度削った歯は元に戻すことはできません。そして食べ物を噛むたびにあなたの両脇の歯にグイグイと負担がかかります。

想像できるでしょうか?

例えば、重い荷物を三人で運んでいたとします。そのうちの一人が疲れて脱落してしまいます。これが今回抜歯をした歯になります。荷物の重さはかわらないまま、残りの二人でこの荷物を持つのがブリッジです。そうすると残りの二人も限界が来てすぐに脱落してしまうのが想像つくと思います。

このように平均すると五年〜七年でやりかえが必要になります。さらに心配なことがあります。それはやりかえでは済まない場合です。

例えば、先ほどお話したように、二本の歯で三本分の歯を支える場合では、一本の歯にかかる負担は一・五倍になります。そうすると両脇の歯に負担がかかりすぎて歯が割れたり砕けたりする場合がでてきます。歯の根が割れるとその歯は残念ですがそのままにすると膿んで多量の膿がたまり腫れてきます。そして異臭を放つようになり骨が溶けていきます。ですから歯を早めに抜かなければいけません。

そしてブリッジを大きくして・・・負担がかかり・・・抜く・・の負のスパイラルに陥ることが少なくありません。人は二十八本の歯で噛むようになっているので、一本でも歯がなくなるとバランスが崩れ、残った歯や体に影響がでてきます。

それに対して、あなたがもしインプラント治療を選択した場合はどうでしょうか?

 

                            かわいいインプラント治療を選択した場合は?

インプラント治療を選択した場合は?

歯を失ったところにインプラントという人工歯根を植え込み歯を立てていきます。そしてあなたが噛むという自然の力を顎の骨に与えます。そして自分の歯のように掃除して清潔に保つことによりインプラントの周りの骨は痩せることなく高い密度を維持してくれるのです。インプラントを入れることにより好きなものを何でも自分の歯のように噛んで食事をすることができるのです。

▲このページのトップに戻る